バドミントン・ジャンピングスマッシュのコツとフォームのポイント

スマッシュ テクニック

バドミントンでは、スマッシュは非常に攻撃的で有効な武器ですが、さらにジャンプをする事で勢いをつけ、より強力なショットになるジャンピングスマッシュがあります。

見た目もカッコいいですし、高い打点から繰り出される角度のあるショットは有効打になり易く、必ず習得しておきたいショットです。

ジャンピングスマッシュとは?

ジャンピングスマッシュは読んで字の如く、ジャンプしながら打つスマッシュの事です。

ジャンプする事により通常のスマッシュよりスピード、パワーが増し、角度がついたショットになるなど、さまざまなメリットがあります。

ジャンピングスマッシュのメリット

ジャンプをする事で落下時の体重をシャトルに乗せることができ、通常のスマッシュよりもスピード、パワーが増します。

打点が高くなる事で角度の付いたショットになり、取りづらいショットになります。

また、シャトルに触るタイミングが早くなるので、相手が体勢をくずし、タイミングが取りづらくなります。

他にもジャンピングスマッシュが打てることで、他のショットとのフェイントでも使え、バリエーションのある攻撃が可能となります。

ジャンピングスマッシュのデメリット

ジャンプをする事で体力は消耗しますし、ジャンプを飛ぶ際や着地時に下半身、特に膝の筋肉を使うため、多用すると筋肉疲労や膝を痛めてしまいます。

また、もし着地時にバランスを崩してしまうと返球への対応が遅れてしまうことにもなります。

ジャンピングスマッシュの打ち方

ジャンピングスマッシュはジャンプしながらスマッシュを打ちます。

高い打点で打つので通常よりも早めにシャトルの下に移動し、タイミングよくジャンプをすることが重要です。

ジャンピングスマッシュのコツ

シャトルの下のやや後ろ気味へ移動します。そして前にジャンプして落下が始まるタイミングでラケットの体重をのせるようにシャトルを打ちます。

ジャンプのタイミングは難しいので、最初のうちは足踏みしてタイミングを合わせます。

ジャンピングスマッシュのフォーム

通常のスマッシュより大きく下半身を使って前にジャンプしながら体を弓のように反らせて、落下のタイミングで打ちます。

まずはシャトルを打つ前にジャンピングスマッシュを打つフォームを素振りで固めることが必要です。

ジャンピングスマッシュの練習方法

まずは通常のスマッシュを確実に打てるようになる事が必要です。

ジャンプのタイミングが非常に難しいのでいきなりシャトルを打つのではなく、素振り練習でシャトルをイメージしながらフォームの確認と、シャトルに対するジャンプのタイミングを計ることが先決です。

手投げ練習

手投げノックでまずは力を入れずにシャトルを打ちタイミングを計る練習をします。

徐々にスピード、ジャンプの高さを上げ、大きなフォームで体重を乗せるイメージを掴んでいきます。

通常のショットと同様に反復練習が必要で、ジャンプのタイミングを確実に合わせるようになるまで繰り返すことが必要です。

体幹、下半身の強化

練習で数回できるようになっても、試合のなかで自身の武器としてジャンピングスマッシュを使えるようになるには、体幹、下半身の強化が必要です。

特に膝の筋力が備わっていないと、ジャンピングスマッシュを試合で多用できないどころか、ケガのリスクも非常に高くなります。

試合の中で安定したジャンピングスマッシュを使うには、継続的な体、下半身の強化が必須です。

まとめ

ジャンピングスマッシュは初心者には技術的にも体力的にも難しいショットですが、基礎体力を付け、コツを掴み練習を重ねる事で、必ず習得できる技術です。

ジャンピングスマッシュが打てることで、見た目にもレベルが上がったと実感する事ができるので、是非チャレンジしてほしいショットです。