スマッシュを打つ時にタイミングを合わせるのが難しい?そのコツは?

スマッシュ テクニック

バドミントンの花形であるスマッシュは決まれば気持ちも高ぶり、試合では勢いがつきます。

その反面スマッシュはタイミングを合わせるのが難しく、打ち損じてしまうことがあります。しかしタイミングをあわせるコツを掴めば、だれでも簡単にスマッシュをタイミングよく打つことが可能です。

スマッシュを確実に打つ

スマッシュを打つタイミングを合わせることは重要ですが、まずは確実にスマッシュを打てるフォーム、体勢を整えることが先決です。

素振りでフォームを固める

素振りを反復練習することで、スマッシュのフォームを体に覚えこませます。

ブレのないフォームを身に付けることで、自身のタイミングで確実なスマッシュが打てるようになります。

素振り練習に終わりはありません。継続的に素振り練習を行うことが必要です。

素早くシャトルの下に移動

自分のフォームでスマッシュを確実に打つためには、余裕を持って素早くシャトルの下へと移動することが必要です。

移動がスムーズでないとフォームや体勢が崩れてしまい、タイミングが取れないばかりか、効果的なスマッシュが打てなくなります。

力の入れ具合

速い、力強いスマッシュを打とうとするあまり、スマッシュのモーションの初めから力を入れようとしてしまうと、タイミングが合いにくく、コントロールの効かないスマッシュになってしまいます。

力を入れるのはラケットでシャトルを打つインパクトの瞬間だけです。

スマッシュのタイミングを合わせるコツ

スマッシュのタイミングを合わせるにはリズム感が重要です。また焦らず余裕を持って対応することが必要です。

まずはラケットを振らない練習

スマッシュのタイミングを掴むために、まずはシャトルの下に移動してラケットは振らずにシャトルの軌道を目で確認します。

シャトルを目で追いながらラケットを振るタイミングをイメージすることが目的です。

声を出してタイミングを合わせる

具体的に1,2,3など自分のやり方で声に出してタイミングを合わせます。声に出すことで体にシャトルを打つタイミングが身に付きやすくなります。

色々な場所で練習する

いつも同じ体育館で練習していていざ試合で違う体育館になると、風景や天井の高さなど環境が異なっていつものタイミングが狂ってしまうことがあります。

どのような環境でも落ち着いてプレーできるように練習の環境を意識して変えることも必要です。

スマッシュを打つ基礎体力を付ける

スマッシュを打つフォーム、タイミングが身についてきても、実際の試合の緊張や疲れからフォームを崩したり、タイミングが狂う事があります。

そうならないように自身の基礎体力を上げることで、試合終盤でも安定してスマッシュのタイミングを合わせることができます。

体幹・下半身を鍛える

体幹・下半身を鍛えることで、素早くシャトルの下へ移動し、余裕を持ってスマッシュのタイミングを取り、安定したスイングができるようになります。

腕・背筋を鍛える

疲れてくるとスマッシュを打つときに腕が上がらなくなり、タイミングがずれてしまい手打ちになってしまいます。

どんな時でも大きく腕を振ってスマッシュが打てるように、腕・背筋を鍛えます。

まとめ

バドミントンではスマッシュが非常に大きな武器となりますが、打つタイミングが合わずにミスショットや、中途半端な返球となり逆にスマッシュで決められるといったこともありす。

しかし、タイミングが難しいショットであればこそ、コツを掴んで強く速いスマッシュを有効的に使いこなせれば、他のショットとのフェイントにも使え、プレーの幅は確実に広がり大きくレベルアップする事が可能です。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中