ドライブを力強く打つ

ドライブ テクニック

ネットギリギリの高さで床と並行に飛ばすショット。

スピードがあり、ダブルスでは多用されるショットでもあります。

強烈なドライブを打てれば、相手に甘い球を上げさせて、次にエースを狙うことも可能です。

ですが、反対に速いドライブを打つことで、返ってくルスピードも速くなります。

また、ドライブ自体が遅いと、カウンターを喰らってしまう確率も高くなります。

今回は、コンパクトなスイングでも、力強いドライブを打つためのコツをいくつかご紹介します。

肘から引いて「8の字」を描く

速いドライブを打つためには、ストロークを大きくしてラケットを十分に加速させることが必要です。

そして、できるだけテイクバックはコンパクトにすること。

この2つの条件が必要です。

コンパクトに引いて、大きく振るには「鞭」のように腕をしならせることが大切です。

まずは、ラケットを引くときは肘から引きます。

この時、ラケットが遅れてくるような肘の引き方が理想です。

そして、スイングするときも肘から出し、遅れてくるようにラケットが走ってスイングされます。

ちょうど、体の前で肘を先行させながら横に「8の字」を書くような動作です。

柔らかく使うことでより、しなりとスイングスピードが増してきます。

この動きを覚えることができれば、フォアハンドもバックハンドも同じです。

フォア側に来れば、上半身をフォア側に向けて「8の字」を描き、

バック側に来れば、上半身をバック側に向けて「8の字」を描くように打ちます。

この方法が、肘を大きく後方にも引くことなく、フォロースルーが大きく取れるようなスイングです。

前腕を使う

スマッシュなども同じですが、ドライブでも前腕の「回内・回外運動」を使いましょう。

そうすることで、よりパワーを生み出すことができます。

そのためにも、必ずリストは立てておくことが大切です。

フォアハンドなら、回外→回内で前腕をひねります。

バックハンドはフォアハンドの逆の運動です。

打つシャトルをかぶせるような運動になりますが、問題ありません。

こちらの方が強く打てますしスイングスピードがあるほど、インパクトゾーンはフラットに近い状態でスイングされます。(ゴルフの“フェースローテーション”の考え方と同じです。)

ドライブで「押し出すように打つ」と言われますが、確かに面も安定します。

ですが、前腕の回内・回外運動を使わず打つと、ヘッドは走らなくなり、

単純な腕の振りだけのスイングスピードでしか飛ばすことができません。

また、リストも使うことができないの、最後の“ひと押し”も弱くなります。

ですので、強く打つためにもリストを使った、この動作をバドミントンしっかりと覚えておいてください。

打点まで足を入れに行く

力強く打つためには、正しい打点で打つ必要もあります。

ドライブが苦手な人は、打点まで足を入れずにいるパターンも多く見受けられます。

ですので、腕だけで取りにいかずに、しっかりと打点まで足を入れに行くこと。

力が一番張りやすい打点まで足を運ぶことができれば、自然と飛ぶようになってきます。

もっとも力を入れやすい打点は、手首上の延長線上(または、その上より、やや前方)です。

まとめ

初心者やまだドライブの技術を習得していない選手は、まだ強く振れないかもしれません。

ですが、力で飛ばすのではなく、まずは全身を上手く使って正しいスイングで打てるような練習をしてください。