ハーフショット使った3球目攻撃

ダブルス

今回は、ハーフショット使ったサービスからの3球目攻撃を一つご紹介いたします。

「ノーロブ」という言葉がありますが、低くて速いロブを使った戦術がダブルスではよく使われます。

その時にハーフを狙うことが多いですが、このハーフショットは使い方がたくさんあります。

特にサービスからの3球目攻撃ではよく使われますので、この戦術を一つ覚えておくと便利です。

ぜひ、マスターしてください。

合わせて読んでほしい記事:アタックロブを打った後の展開作り

3球目をハーフへ打つ

サービスからの展開でよく使われる戦術の一つです。

まずは相手が、自分のサービスをネット前に返してきたとします。

この時、サーバーはネット前に来ることを想定して、速めに対応できる準備をしましょう。

そして、相手のネット前のショットを後衛側のサイドのハーフに低くて速いアタックロブを打ちます。

短すぎたり、低すぎると前衛に止められてしまうので、注意してください。


“できるだけ、速くタッチして前衛を超す”

カウンターでクロスへ

低くて、速いショットを打つことができたならば、相手後衛は余裕がないので、ストレートに返す確率が高くなります。

これをペアの後衛はストレートを予測して、張っておくことが大事です。

もし、予測通りストレートに飛んで来たら、後衛はクロスにカウンターで返します。

カウンターには速いタッチが必要です。しっかり準備しておきましょう。


“カウンターでクロスに打てれば得点になりやすい”

もし、相手後衛に高いショットで返された場合でも、攻守は変わっていないので、そのままトップ&バックで攻め続けることができます。

前衛も対応準備をしておく

自分たちがハーフに球を沈めて、相手後衛が対応するとき、シャトルのインパクトの角度に注意ましょう。

インパクトの角度によっては、ポジション取りや対応が変わってきます。

特に前衛の選手は意識しておく必要があります。

①ラケットを斜めでインパクト

相手がハーフのショットを斜めでインパクトした場合、少し強い球が返ってくる可能性があります。

ですが、角度は付かないため低い位置には飛んでくる可能性は低くなります。

この場合、前衛は重心を高めにとり、自分の動ける範囲はしっかりとるように準備しましょう。

②ラケットを立ててインパクト

相手がラケットを立ててインパクトしてきた場合は要注意です。

シャトルを上から叩いてくるので、強いショットが返ってきます。

この場合は、前衛は無理押せず少し下がってレシーブの準備をします。

下がる暇がない場合は、ネットより低く構えて、後衛に対応を任せるのも方法の一つです。

ハーフが浮いてしまい、甘くなるとこのようなショットが返ってくるので、注意してください。

③ラケットを水平にスイング

この場合は、一番のチャンスです。

ドライブの可能性が高いので、前衛はラケットを上げて積極的に触って叩けるように準備しましょう。

少し前に詰めてプレッシャーを与えることも、効果的なポジション戦術です。

後衛はストレート方向に飛んできた場合はカウンターでクロスに返しましょう。

まとめ

奇数コートでも同じように使える3球目攻撃です。

もし相手が右利きの後衛であれば、フォアでの対応になりますが、前衛に触られずに、ハーフに抜けることができれば、非常に効果的です。

よく使われる3球目攻撃の方法なので、ぜひ覚えておいてくださいね。

このほかの攻撃法については、ダブルスのスペシャリスト福井剛士コーチの「攻撃的ダブルス戦術」でたくさん解説しています。

ダブルス戦術でお悩み方はとても参考になる教材です。

ぜひ、ご興味があればお役に立ててください!

≫【ダブルス戦術】攻め続けるためのダブルスのコツとは?
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中