ハイバックを遠くまで飛ばすには?

ハイバック テクニック

今回は、ハイバックでパワーを出す方法をご紹介いたします。

参考記事はコチラ ⇒ ハイバックの基礎スイングを知る

「ハイバックがコート奥まで飛ばない!」

「スピードがなく、勢いよく飛んでいかない!」

特に力のない女性の方は、この悩みを持っている方が多いのではないでしょうか。

ハイバックを勢いよく、遠くまで飛ばす為には、

①下半身からの力の伝え方

②上半身の力の溜め方

この二つが重要です。順番にご説明いたします。

①下半身からの力の伝え方

まず、下半身の使い方ですが、よく言われていいるのが、

「右足の着地と同時に、インパクトをする」

ということです。
(右利きの場合でご説明しています。)

着地した瞬間のタイミングでインパクトするという方法ですが、
これでは、100%の力を伝えることはできません。

かと言って、「右足を踏んでから ⇒ インパクト」は半分正解で、半分間違い。

※もちろん、インパクト ⇒ 着地は絶対ダメですよ!

ここで重要になってくるのが、タイミングです。

足を使って、地面からの力を、ラケットのスイングに伝えていくことは間違ではありません。

ですが、右足着地後からインパクトの間隔は極力“短く”行う必要があります。

パワーを順番に伝えて、しなやかな連鎖がパワーを最大限に発揮できます。

(このタイミングが難しいからこそ、“着地と同時にインパクト”という方法が言われているのだと思います…)

このタイミングは、打ちながら覚えていくのが一番早いです。

どのタイミングが一番飛んでいくのか。確認しながら練習してみてください。

体を丸めて力を溜める

ハイバックは、基本的に相手コートに背を向けて打つのが基本です。

半身のまま追いかけては、パワーがきちんと出せません。

そのためには、素早く体を丸めて後ろを向くこと。

右肩と左足を寄せながら下がり、インパクトで一気に伸びあがる。

インパクトの時は丸めた胸を張ることも意識して下さい。

こうすれば、パワーを発揮できます。

注意するべきは、後ろに向くタイミングです。

最初から、後を向きながら下がってはいけません。

シャトルを目で追いかけながら、インパクト前に左足を付ける。

そして、インパクト直前に左足を軸に、後ろ向きながら体を丸める。

このポイントに注意してみてください。

 

 

前回もお伝えしましたが、ハイバックは他のショットに比べて、「イメージや感覚」が重要になります。

相手のコートに背を向けることは、違和感や恐怖があります。

ですが、まずは恐れず、練習で何度もチャレンジしてください。

コツさえつかめば、簡単に打つとができますので、頑張ってみてください!

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中