【ダブルス】前衛タイプで組んだ時の攻撃法

ダブルス

ダブルスのペアは後衛が得意な選手と、前衛な得意な選手同士で組むのがベストです。

ですが、固定ペアのいない方やチームの事情で、いつも得意なタイプ同士で組むことはできない場合もよくありますよね。

そこで今回は、前衛タイプ同士でペアを組んでいるときの、攻撃方法を2つ紹介いたします。

高めのスマッシュで相手を崩す

前衛がネット前でゲームメイクをして、アタック力のある後衛に打たせて決める。

これが、ダブルスの定石となります。

ですが、対戦相手はクリアやロブをクロスに振って、こちらをコート後方に釘付けにしようとします。

つまり、ネット前での勝負を避けようとします。

そして、自分たちの攻撃が甘くなったところ狙ってくるのが、相手の算段です。

こちらは、前衛タイプの選手同士で組んでるので、スマッシュで決めていくことは難しくなります。

特にスマッシュが速くない選手が後衛に回ると、前衛で勝負したい時に、前で触れる展開に持ち込めないですよね。

できれば、ドライブやプッシュの低空戦へと持ち込みたいはずです。

このような展開になった場合は、高めのスマッシュを混ぜていくことが効果的です。

 

遅くてもスマッシュを打ち続けていく中で、相手はスマッシュの対応をしなくてはいけません。

そして、打ち続けていくなかで対応するために、相手は前傾姿勢を取り始めます。

さらには、足元を取るために低く構えるようにもなってきます。

スマッシュを打ち続ける中で、相手がこのような姿勢になれば高めのスマッシュを打ちましょう。

そうすることで、相手は反応に遅れるか、大きく上げてくるか、強引にドライブで返してくることが多くなります。

ドライブなどで返してきた場合は、前衛が触って攻めることができますよね。

このようにして、低空戦に持ち込めることができます。

また、上げられたとしても、攻撃を繰り返すことはできますので、チャンスを伺いながら低空戦に持ち込む準備をしておきましょう。

高めのスマッシュの狙い所ですが、できれば相手の利き腕の肩口を狙うようにしてください

利き腕の肩口に狙うことで、相手はフォアで上からドライブを打つケースが多くなります。

力が入れにくいところですので、この場所を狙っていきましょう。

また、後衛に回った選手が高めのスマッシュを打ったら、前衛は相手レシーブを前で触れるように意識(準備)しておいてください。

相手レシーブに対して反応が遅れると、逆にピンチになるので注意してください。

ハーフを誘い、決める

先ほどのスマッシュ以外にも、カットやカットスマッシュ(遅いスマッシュ)を使う方法もあります。

高いスマッシュと組み合わせながら、低いショットで相手を崩す展開も効果的です。

ここでは、ドロップやカットと悟られないように、スマッシュと見せかけるのがポイントにもなります。

また、後衛はショットを打った後、ハーフを空けて誘ってください。

後衛がカットやカットスマッシュを打った後、前衛は素早くネット前に詰めて、ネット前をけん制しましょう。

こうすることで、相手は空いたハーフに打ちやすくなります。

あとは、誘ったハーフを狙って、後衛はドライブやプッシュで攻めていくだけです。

こうすることで、低空戦に持ち込むことができます。

まとめ

前衛タイプ同士で組むとき、後衛ほどスマッシュに威力がなくても攻める方法はあります。

ですので、全力でスマッシュを打つ必要もありません。

8割程度の力で、コースを突いていくような攻撃を繰り返し、今回紹介したような展開に運んでいきましょう。