初心者でも実践できる!ダブルスのパターン戦術3選

練習法

ダブルスのパターン戦術ってどんなのがあるのかよくわからない。

初心者でも実践できるものがあったら、教えてほしいと思いませんか?

この記事では、初心者でも実践できるダブルスのパターン戦術を紹介しています。

ぜひ参考にして、ダブルスのパターン戦術を身につけてください。

ダブルスのパターン戦術3選

初心者でも実践できる、ダブルスのパターンを3つ紹介します。

基本的なものなので、意識して練習すればすぐに身につきます。

  • 低い展開でのパターン
  • サービスから3球目までのパターン
  • 大きな展開でのパターン

では1つづつ詳しく解説していきます。

低い展開でのパターン

初心者でも実践できるダブルスのパターンは、低い展開です。

難しく考えず、ドライブで返球すれば低い展開になります。

特に男子ダブルスだと、ドライブの打ち合いになる場面は多いです。

注意してほしいことは、ラケットを振りすぎないですぐに構えるようにしてください。

低い展開は早いのでラケットを構えてないと、ミスしやすくなってしまいます。

サービスから3球目までのパターン

サービスから3球目までのパターンを、実践しましょう。

3球目までを有利に進められると、点数を取りやすくなります。

サービスから3球目というのは、

サービスを打つ→相手がサービスレシーブする→サービスレシーブを返球する流れで試合は進みます。

サービスレシーブを返球する部分が3球目です。

例えば、サービスレシーブをプッシュ出来ればそれだけで点数が取れてしまいます。

「サーブを相手のこの辺に打ったらここら辺に返ってくるだろう」と考えながらプレーをしてください。

なんとなくでもいいので、わかってくると3球目までのパターンが自然とできるようになっていきます。

大きな展開でのパターン

大きな展開でのパターンを、試合で実践しましょう。

クリアやレシーブがメインになるので、低い展開と比べてゆったりとプレーできます。

低い展開が苦手だったり、まずはレシーブしてから流れを作っていきたい場合におすすめです。

女子のダブルスに多い試合展開です。

クリアをクリアで返したり、スマッシュレシーブを大きく後ろまで返したりするので我慢強さが必要となります。

レベルアップするためのパターン戦術

基本的なパターン戦術がわかったら、さらに上を目指すための方法を2つ紹介します。

誰でもできる方法なので、もし余裕があったら試してください。

  • 上手い人のマネをする
  • 自分たちだけのパターンを見つける

では、1つづつ詳しく紹介します。

上手い人のマネをする

上手い人のマネをして、パターンを増やしましょう。

強い人や上手い人は、さまざまなパターンを使っているので勉強になります。

自分の目で見て経験するのが一番いいのですが、動画をうまく使いましょう。

憧れの人は、よくこんなプレーしているなと思ったらメモって実際に練習で試してください。

初めはうまくいかないかもしれませんが、挑戦しなければうまくはならないのでぜひ続けましょう。

マネするのが得意になると、他のプレーもマネできるようになります。

自分たちだけのパターンを見つける

自分たちだけの、ダブルスのパターンを見つけましょう。

強みになるので、試合に勝ちやすくなります

試合や練習をしていて、よくこのパターンだと点数取れてるなと思うものはありませんか?

あるならそのパターンをさらに磨いて、より良いものにしていきましょう。

ないと思うのであれば、こんなのどうかな?と考えながらプレーして自分たちに合うものを見つけてください。

自分たちだけのパターンが見つかると、他のペアではできないので点を取れて試合に勝てるようになっていきます。

勝ちパターンを見つけて勝利を増やそう

ダブルスは2人でやるので、協力してパターン練習をする必要があります。

息を合わせるのは大変かもしれませんが、息があってくるととても気持ちいいです。

ダブルスのパターン戦術も2人で協力して、練習していけば今より試合で勝てるようになります。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中