バドミントン初心者への指導や教え方のコツ

練習法 パフォーマンスUP

ある程度バドミントンを習熟することができれば、今度は初心者に対してトレーニングのアドバイスなどを行うことになります。

時にはコーチとして指導することもありますが、適切にバドミントンのレベルアップができる内容を伝えていかなければなりません。

指導していく際の心構えやポイントを把握して、初心者のレベルアップができるように考えていきましょう。

初心者に対する指導のコツを掴む

これから本格的にバドミントンを始めてみようと考えている人に対して、わかりやすく指導していくのは難しいことです。

それはバドミントン初心者も同様で、楽しく習得してもらうようにマインドセットも行うことがトレーナーには求めれます。

人それぞれ指導方法が違うが共通点はある

トレーナーはバドミントン初心者に対して、楽しく取り組んでもらうように指導することが重要です。

初心者はどうしても最初にバドミントンに対して難しそうと不安になってしまうので、それをトレーニングを行うことで取り除いていくことが求められます。

最初から細かいルールなどを教えれば、バドミントンに対して後ろ向きになってしまうことでしょう。

ただバドミントン初心者にちゃんと伝えないといけないポイントもあり、相手のコートへシャトルを落とすことで点数が自分に入ることとコート外へ落とすと相手に点数を与えてしまうことです。

これだけ教えておき、細かいルールは徐々に伝えていくと効果的です。

そこで単純に打つ楽しさなどを感じさせて、バドミントンにのめりこんでいくきっかけを作っていくようにしましょう。

その後は人それぞれが理想的なトレーニングを行えるように考えていき、指導していくといいでしょう。

例えば攻撃が好きな人ならば、スマッシュなどを打てるように色々なコート内の場所へ打っていいように配慮したトレーニングを行うといいでしょう。

反対に守備が好きな人には、どんな返球も返せばいいと伝えながらトレーニングを行うと効果的です。

教える方法でバドミントン初心者のモチベーションも変わるので、注意しながらトレーニングを積み重ねていきましょう。

とにかく初心者は楽しめるように考える

基本的にバドミントン初心者が楽しめるように、日々トレーナーは指導を行っていくことが重要です。

ある程度トレーニングを進めたところで、ゲーム形式で実力を試させる場を作るのもいいでしょう。

このように楽しめる環境を作っていきながら、バドミントンに関心を持ってもらうことが重要で、ハードな教え方を最初から行うと逆効果です。

バドミントンが楽しくなるように、トレーナーは最初バドミントンを楽しめるトレーニングを組んでいきましょう。

例えばシャトルでなく丸いボールをラケットから落とさないように運んでリレーをさせたり、狙いをつけられるようにコート内に的を置いて当ててもらうトレーニングが代表です。

ここから試合などに対するモチベーションもアップしていき、トレーニングにも熱が入っていくことでしょう。

素振りなどのトレーニングでも目標管理が大切

トレーニングを積んでいくことによって、バドミントンは上達していきます。

そのバドミントン初心者を指導していく際に、トレーナーは様々なプログラムを準備することになります。

時には面白くないトレーニングも含めなければ、バドミントンを上達させることができません。

組み合わせを考えていきながら、バドミントンのトレーニングを円滑に行えるようにしましょう。

素振りなどのトレーニング方法を考える

素振りはバドミントン初心者にとっては、フォームを習得する上でトレーニングに組み込まないといけません。

これからバドミントンを始めていこうと考える人は、避けて通れないほど大切なトレーニングです。

ラケットの扱い方だけでなく、握り方などを理解するためには素振りが基本です。

その素振りを指導する上で、コツとしては素振りについてフォームを確認するトレーニングと伝えていきましょう。

昨今は動画で紹介されているので、素振りを遠目で確認しながらスローモーションでチェックしていくと弱点も見えてきます。

丁寧に指導して、バドミントンのレベルアップを目指していきましょう。

筋トレも円滑にトレーニングメニューに組み込む方法

筋トレはバドミントンでも体幹を鍛えていく上で必要不可欠で、バドミントン初心者にとっては時にハードに感じてしまうかもしれません。

体幹トレーニングについて最初から指導していくようにして、自宅でも簡単にできるものを紹介していきましょう。

バドミントンだけでなくダイエットにも続けることで効果があるので、継続して行う大切さをレクチャーしていきましょう。

そして鍛える部位によって、時には悩みを解消することもあります。

体幹トレーニングによって肩こりも軽減することがあるので、日々行って姿勢が改良されることもあります。

その中でバドミントン初心者に対して指導する際に注意したいのが、相手目線を常に持つことです。

筋トレでも差があるので、同じような指導ではついてこれないことがあります。

内容を考えながら、相手に合わせて判断していくようにしましょう。

まとめ

バドミントン初心者に対して、それぞれに見合った目標を設定しながら達成を一緒に目指していきましょう。

楽しくトレーニングを行わないと、バドミントンの初心者もなかなかついてこれないことがあります。

上達させるために必要な要素を確認しながら、適切に優しくアドバイスを行っていくことも重要です。

完璧なマニュアルは存在しないため、それぞれの状況を見極めながらコミュニケーションを取りつつ上達させていきましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中