上半身のパワーをうまく使え!

ドライブ レシーブ テクニック

今回はドライブやレシーブのスキルアップのポイントと練習法をご紹介いたします。

ドライブのミスを減らしたい、と考えている人はぜひこの記事を読んでみてください。

参考にしていただければ幸いです。

上半身をうまく使う

ドライブのミスの多くは、押し切れなかったり、差し込まれたりではないですか?

このミスは、反応の速さもありますが、体の使い方に問題があるパターンもあります。

具合的に言うと、上半身の体のさばき方た、パワーの伝え方です。

ドライブなどは、ボディがよく狙われます。

このボディ周りの処理を、腕だけの返球に頼ってしまうといけません。

体幹からのひねり動作や、反って戻すというような、体の大きな筋肉を使いましょう。

体幹からのパワーを伝えることができれば、最小限の腕の動作でシャトルを力強く飛ばすことができます。

さらに、大きく腕を振らないということは、スイングもシンプルになります。

シンプルになることで、スイングのブレも少なくなり、ラケット面を素直に出すこともできます。

つまり、シンプルなラケットワークだからこそ、ミスが減るということです。

体幹からの大きなパワーを腕に伝えるようなイメージで打つことができれば、自然と反応も良くなり、ボディ周りのショットも容易に感じるはずです。

下半身の安定性

上半身をうまく使いこなすには、下半身の安定性も必要です。

重心が崩れてしまったり、上半身のパワーを支えることができないと、ミスも多くなります。

ですので、どんな体勢からでも打てるような股関節の安定性が必要です。

また、下半身の力で支えるだけでなく、股関節を自由に使える柔軟性も必要です。

練習法① ドライブの打ち合い

まずは2人で行う「ネットなしのドライブの打ち合いがおススメです。

ネットがない分、ラリーも続きます。

また、低い位置なども取る練習ができますので、うまく上半身を使える練習になります。

また、難易度を上げるには「膝を立ててのネットなしドライブの打ち合い」もおすすめです。

これは下半身が使えなくなるので、上半身の自由度を高めることができます。

上半身をひねったり、反ったり、と色々と試しながら練習してみてくだしさい。

また、相手との距離を詰めれば、さらにテンポが速くなります。

より難易度が上がりますので、応用としてチャレンジしてみてください。

どちらにせよ、手打ちにならないように、上半身をうまく使うように意識しましょう。

練習法② 壁打ち

お馴染みの「壁打ち」です。手軽な練習ではありますが、やはり効果的です。

ただ、続けるのではなく、強く打ったり、弱くしてみたりと変化をつけてみてください。

また、同じ場所を打つのではなく、少しズラしながら打つことで、フットワークを入れた、より実践的な練習にもなります。

壁は、打っても打ってもシャトルが返ってくる、最強の敵です。

練習に工夫を入れれば、とてもいい練習の方法です。

まとめ

トップ選手などのドライブや、レシーブはラケットをぶん回しているように見えます。

「よく、あんなラリーの中で振ることができるよなぁ」と思いますが、

それは、体幹部分をうまく使えているからできる技なのです。

ぜひ、上記のポイントを意識しながら、練習してみてくださいね。