クロスネットの2つのコツ

ネット前 テクニック

クロスネットについて、ちょっとしたコツをお話致します。

ヘアピンに加えて、クロスネットを打てるようになると、戦術の幅が広がります。

ですが、繊細なショットなので、ネットを越えなかったり、距離感が掴めなかったりと難しいショットでもあります。

また、スピードが付かなかったり、山なりになりすぎて、逆にチャンスボールになったりすることもあります。

特に、初心者の方は苦労することが多いようです。

■当てるだけでも、振りすぎてもダメ

「振りすぎても飛んでいくし、当てるだけではスピードが付かない…」クロスネットは、タッチ感覚が非常に重要です。

テイクバック動作を無くし、インパクトからフォロースルーだけで打つと、放たれたシャトルのスピードが遅くなってしまいます。

ですが、大きなテイクバック動作で打つとシャトルを弾いてしまい、コントロールすることが難しくなります。

初心者にとっては、これが一番の悩みだと思います。

では、どうすればいいのか?

そんな時は、「グリップを緩めて、親指で押すように打つ」を試してみてください。

まずは、グリップをイースタンに、サムアップで握ってください。

ラケットは立てて、シャトルを待つ準備に入ります。

そして、インパクトの直前に少しグリップを緩めてください。

すると、ラケットの重みで数センチだけテイクバック方向に動くはずです。
(緩めることで、少しラケットが倒れる方向に動く)

この数センチのテイクバックが、クロスネットにはちょうどいい引き具合になります。

後は、ラケット振る意識は捨てて、

バックハンドなら、親指を中心に捻る(腕の回外運動)。

フォアハンドなら、人差し指と親指を中心に捻ってください(腕の回外運動)。

この動作だけでスイングしてみてください。

ドアノブを回す動作と同じです。

後は、弾きよく打てるポイントを自分になりに探してみてください。

■打点は高く、目線は正面に

これは、単純に「相手を騙す」ということ。

高い打点で取ることができれば、ヘアピンも打つことができます。

つまり、相手を惑わすためです。

どちらでもミスなく打てる、打点で取ることができれば、惑わせることができます。

また、相手を騙すためには、目線をそらすことも大切です。

■クロスネット:まとめ

まず、初心者の方やクロスネットが苦手な方は、上記の2つを意識してみてください。

ヘアピンやクロスネットは、紐とシャトルがあれば自宅でもできますので、トライしてみてくださいね。