ドロップで相手を騙せ!

ドロップ テクニック

今回は、ドロップで相手を騙すコツを教えます。

スマッシュと折りませて使うことができれば、戦術にも幅が広がります。

ですが、スマッシュのように見せかけて、ドロップを打つことは非常に難しいです。

まずは、以下のポイントに注意して打ってみてください。

ラケット面はやや上向きに

インパクトは、やや上向きで構いません。

これは、山なりの軌道で打つために重要なポイントです。

理想は、高い打点からほぼ直線的にネットに向かい、ネット前でストンと落ちることです。

ですが、これは非常に難しいです。

少しでも出だしの軌道がズレれば、ネットミスになります。

ですので、まずはネットより少しだけ手前に山の頂点に持っていき、沈みながらネットを越えること。

そして、少し押し出すような感覚です。

これをイメージしながらドロップを打ってください。

骨盤のひねりを止める

オーバーヘッドの強打を打つ際は、右足に体重をかけて踏み切りますよね(右利きの場合)。

そして、空中で左右の足を入れ替える。

こうすることで、骨盤をひねり、体幹の捻転動作で強いショットが打てるようになります。

しかし、ドロップはインパクト前後にスイングスピードを落とさなくてはいけません。

ですので、ラケットをゆっくりスイングするため、このパワーの伝達を抑えなくてはいけません。

そこで、スピードを抑えるためには、骨盤を止めることが重要。

右足で踏切り、左足で着地した後、この左足を軸にして、骨盤のひねりにブレーキをかけます。

こうすることで、そのエネルギーを自ら打ち消す動作を行う。

足から生まれたパワーを体幹へ伝達することを抑えているわけです。

これが、ドロップを打つ時のスイングスピードを抑えるポイントです。

打った後は、右足がゆっくり前に自然と出てくるはずです。

強打と見せかける

スイングをコンパクトにすると、スマッシュとの差が生まれてバレてしまいます。当たり前のことですが、これが一番のポイントです。

もし、スマッシュをコンパクトなスイングで強打できるなら、簡単です。

ですが、コンパクトなスマッシュでは、強く打つのは難しいですよね。

ですので、まずはスマッシュと同じフォームで打つこと。

大きくゆったりとしたフォームから、「スマッシュを打つぞ」と思わせること。

このフォームで打つためには、インパクトまでの時間が十分にある時です。

まずは、無理な体勢からドロップを打たないことをおススメします。

まとめ

少し、長くなりましたが、参考になりましたか?

骨盤を止めることは、感覚的に難しいかもしれません。

ですが、この感覚がわかれば、相手を騙すドロップも難しくありません。

カットなどでも応用できますので、トライしてください。