スマッシュが角度がつかない原因とその解決法・練習法について

スマッシュ テクニック

スマッシュに角度をつけたいけど、どうすればいいのかよくわからない。

角度がつかない原因と解決する方法を知りたいと思いませんか?

この記事では、スマッシュに角度がつかない原因と解決方法、練習方法について紹介しています。

ぜひ参考にして、角度のついたスマッシュを打って下さい。

スマッシュに角度がつかない原因

スマッシュに角度がつかない原因を、3つ紹介します。

練習の時に確認して、どうして角度がつかないのか原因を見つけて下さい。

  • 打点が低くなっている
  • 力が入りすぎている
  • シャトルの下に入れていない

では、解説していきます。

打点が低くなっている

シャトルを打つ打点が低くなっているので、スマッシュに角度がつきません。

打点が低くなってしまうと、ラケットの面が上を向いてしまうからです。

スマッシュを高い打点で打てていると、角度をつけてもネットに引っかかりません。

打点が低くて角度をつけようとすると、ネットに引っかかってしまうので角度をつけたくてもつけられないです。

自分の打点がどうなっているかわからない場合は、一度仲間に聞いてみるか動画を撮るなどして確認してみて下さい。

もし打点が低いなら、それが角度のつかない原因かもしれません。

力が入りすぎている

スマッシュを打つときに、力が入りすぎていると浮いてしまいます。

うまく腕の振りを利用できないので、ラケットの面が下を向きづらいからです。

早いスマッシュを打とうとして、初めから力んでしまうと肘や手首をうまく使えません。

手首をうまく使えないと、角度をつけるのは難しいです。

シャトルの下に入れていない

シャトルの下に入る前に、シャトルを打ってしまうと角度がつきません。

下がるのが遅いと、体がのけぞってしまいラケットの面が上を向いてしまうからです。

苦しい体勢からスマッシュを打つと、浮いてしまうことが多いのも同じ原因です。

シャトルの真下というよりも、シャトルよりも少し後ろに下がってからスマッシュを打たないと角度はつけづらくなります。

こちらも、仲間や動画を撮って自分がどうなっているか確認してみてください。

スマッシュに角度をつける方法

スマッシュに角度をつける方法を、紹介します。

すぐに確認できるものもあるので、参考にして下さい。

  • シャトルの下に素早く入る
  • 肘を上げて打点を高くする
  • 全力で打とうとしない

1つづつ説明していきます。

シャトルの下に素早く入る

シャトルの下に素早く入って、スマッシュに角度をつけましょう。

フットワークを使い素早くシャトルの下に入れれば、基礎打ちと同じようにスマッシュを打てるからです。

シャトルの下に素早く入るには、シャトルに合わせて下がっていると間に合いません。

シャトルが上がったと思ったらすぐに下がって、シャトルが来るのを待ちましょう。

そうすれば、余裕を持って角度のついたスマッシュが打てるようになります。

肘を上げて打点を高くする

角度のついたスマッシュを打つには、肘を上げて打点を高くしましょう。

肘を上げると、ラケットの位置も自然と高くなり打つ位置が上になります。

まず素振りをしてみて、今自分の肘がどこにあるかを確認して下さい。

理想としては、耳より少し上ぐらいの位置に来ていると良いです。

できていない場合は、まずは素振りをして肘の位置を上にする感覚を体に覚えさせましょう。

全力で打とうとしない

全力で打とうとせず、角度をつけるイメージでスマッシュを打ちましょう。

角度をつけるイメージだと、力まずにスマッシュを打てるからです。

全力で決めるスマッシュを打とうとすると、どうしても力が入ってしまい浮いてしまいます。

まずは、角度をつけるスマッシュを打って下さい。

軽く6割ぐらいの力でいいので、打つ練習をしましょう。

角度をつける練習方法

角度をつける練習方法を、2つ紹介します。

  • ネットを張らずにスマッシュ練習
  • フットワーク練習

ぜひ、これからの練習に取り入れてみて下さい。

ネットを張らずにスマッシュ練習

ネットを張らずに、スマッシュの練習をしましょう。

ミスなどを気にせずに、まずは角度をつけることだけに集中できます。

ネットがあるとどうしても、引っ掛けないように気にしてしまいますがネットがなければ気になりません。

そして、思いっきり下に向かってスマッシュを打ちましょう。

下に打つことで、角度のついたスマッシュを体に覚えさせて下さい。

フットワーク練習

フットワークの練習をして、シャトルの下に素早く入りましょう。

シャトルの下に入れないと、角度のついたスマッシュが打てないからです。

基本かもしれませんが、社会人になるとフットワークの練習をする場面は減ってしまいます。

なので、空いたコートやスペースがあったらフットワークの練習をしてみて下さい。

続けていると、スムーズに動けるようになってきます。

リラックスしてスマッシュを打とう

スマッシュって聞くと、全力で打って点数を取るのがカッコイイと思うかもしれません。

しかし、今回紹介したように力が入ってしまうと角度がつかなくなるので点数も取れないです。

なので、相手を崩すぐらいの気持ちでスマッシュを打って次のショットで点数を取りましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中