バドミントンのクロスカットの打ち方を詳しく解説

カット テクニック

バドミントンのクロスカットが、うまく打てない。

クロスカットの打ち方を、詳しく知りたいけどよくわからない。

どのような打ち方をすれば、クロスカットが打てるようになるのか知りたいと思いませんか?

この記事では、クロスカットの打ち方を詳しく解説しています。

ぜひ参考にして、クロスカットを打てるようになってください。

バドミントンのクロスカットの打ち方4

バドミントンのクロスカットの打ち方を、4選紹介します。

なかなかクロスカットが打てない場合は、参考にしてください。

  • 打点はカットより少し前
  • シャトルの下に素早く入る
  • 打つ瞬間にシャトルを擦るイメージ
  • 体重移動を意識して打つ

この4つです。

では、詳しく解説していきます。

打点はカットより少し前

打点は、ストレートカットを打つよりも少し前で打ちましょう。

打点を少し前にすると、クロスカットが打ちやすくなります。

クロスカットを打ちたいけど、うまく打てないって場合は打点を少し前にして打ってみましょう。

前にしすぎると、ネットに引っかかってしまったり相手からバレてしまうのでほんの少しだけまえです。

繰り返しクロスカットを打ってみて、自分の打ちやすいちょうどいい打点を見つけてください。

もし近くに教えてくれるような人がいれば、積極的に話しかけて打点の確認をしてもらいましょう。

自分だけでやっていると、時間がかかってしまうのでお願いしてみてください。

打ちやすい打点を見つけたら、忘れないように動画に撮っておくことをおすすめします。

シャトルの下に素早く入る

 シャトルの下に素早く入って、クロスカットを打ちましょう。

フットワークを使ってしっかりシャトルの下に入れないと、打点が毎回変わってしまうので安定したクロスカットが打てません。

打ち方ももちろん大事なのですが、まずはシャトルの下に素早く入る動きが大切です。

シャトルの下に素早く入れないと、せっかく打ち方は出来ているのにその打ち方が出来ないのでミスが増えてしまいます。

ミスを少なく、クロスカットを打つためにも必ずシャトルの下に素早く入れるようになっておきましょう。

普段の練習でも時間を見つけて、どうすれば効率よく動けるのか?スムーズに動けるのか?考えながらフットワークの練習をしてみてください。

フットワークの練習は、継続することをおすすめします。

打つ瞬間にシャトルを擦るイメージ

クロスカットは、打つ瞬間にシャトルを擦るイメージで打ちましょう。

シャトルをラケットのガットで擦ることによって、クロスカットが打てます。

どれぐらい擦ればいいのか気になると思いますが、何度も練習して感覚をつかんでください。

初めのうちは、ネットに引っかかったり擦り過ぎてアウトになってしまうと思いますが諦めずに練習を続けてください。

感覚を掴んだ後は、その感覚を忘れないために出来るだけ練習でクロスカットを打ちましょう。

体重移動を意識して打つ

クロスカットを打つときは、体重移動を意識して打ちましょう。

体重移動をして打つことで、鋭いクロスカットが打てるようになります。

右利きの場合は、右足にしっかり体重を乗せてからスイングするようにしましょう。

体重移動が出来ていないと、手打ちになってしまい打つ球が安定しません。

ミスを少なくし、鋭い球を打つためにも体重移動はかかせません。

体重移動は、普段の生活から意識していると感覚をつかみやすいです。

クロスカットで勝負できるようになろう

クロスカットを打てるようになれれば、相手にシャトルを下から触らせるショットが増えます。

今までよりも攻撃できるようになるので、点数も取りやすくなります。

練習で何回もチャレンジして、鋭いクロスカットが打てるようになってください。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中