ドライブは肩と肘で打てばミスが減る!

講師一覧 ドライブ 藤本ホセマリ テクニック

ダブルスでは、多用される「ドライブ」

展開が速い分、ドライブはショットも速いので、
ミスをする頻度も多くなってしまいます。

・ネットにかけたり…

・反応が間に合わなくて詰まってしまったり…

などなど、ドライブはミスが多い分
苦手意識を持っている人もけっこう多い…

そこで、今回はドライブのミスを減らすための
3つのポイントをご紹介します。

 

POINT:1「肩を動かす」

「ラケットを速く引いて、速く打つ」

速い展開のドライブだと、どうしてもこのような意識が働きます。

ですが、余計な動きが多くなり、返って大きな動作になります。
そして、大きな動作になると、力もいりますので、力んでしまいます。

ですので、構えた状態から、肩を動かすことを意識してください。
腕は軽く曲げた状態で構いません。

ちょうど、ロボットダンスのような腕の振りですね。

こうすれば、シンプルな動きでラケットを振ることができます。

 

POINT:2「肘から動かす」

続いて、肩を動かすことと同時に肘からラケットを出すようにしてください。

速く力強いドライブを返そうとすると、
手首を使ってしまうことがあります。

こうすれば、打点を点でしか捕えることができず
少しでもずれてしまった瞬間にミスになります。

ですので、ポイント1を意識して、肘から打つようにしてください。

こうすれば、多少遅れてもネットミスがなくなり、
振り遅れることも少なくなります。

 

POINT:3「反対の手も上げる」

あとは、振った時のバランスを保つために
ラケット引きときは、非利き腕も一緒に引き上げてください。

腕だけでなく、両手を上げさげることで
体幹も使うことができるので、安定した
力強いショットを打つことができます。

詳しい解説は動画をご覧ください↓↓