ドロップ・カットは手首を使って打つな!

講師一覧 ドロップ カット 藤本ホセマリ テクニック

 

スマッシュ、クリアと並んでバドミントンダブルス後衛の
メインショットとも言える「ドロップ」や「カット」

 

練習ではきれいに決まるのに、試合になるとネットに引っかけてしまうという
プレーヤーを多く見かけませんか?

 

激しいラリー中で、スッと力を抜いて、できるだけ低い軌道で
ネットギリギリに打つのはなかなか繊細な技術です。

 

だからこそ、練習ではうまく決まっても
試合でミスをしてしまうのかもしれませんね。

 

また、小手先の技術が特に重要だと思い、
手首で微調整しようとする方も多いようにも感じます。

 

ですが、藤本トレーナーは「手首は固定して打つのがいい」、
「まずは、シャトルの軌道は高くなってもいい」といいます。

 

いったい何故なのか?

 

こちらの動画で確認してください。

 

 

▼▼藤本ホセマリの「バドミントン・レベルアップメソッド」DVDはこちら▼▼