ダブルスのローテーションの方法と効果的な練習方法(守備編)

ダブルス

ダブルスの守備をするとき、どうやって攻撃してる体勢からローテーションすればいいのかよくわからない。

スムーズにローテーションする方法があれば知りたいと思いませんか?

この記事では、ダブルス(守備)のローテーションの方法と練習方法を紹介します。

ぜひこの記事を参考にして、考えなくてもローテーションできるようになってください。

ダブルス(守備)のローテーションの方法

ダブルス(守備)のローテーション方法について紹介します。

  • ダブルスの守備はサイドバイサイド
  • サイドバイサイドになるローテーション

2つの方法について、まずは解説します。

ダブルスの守備はサイドバイサイド

ダブルスの守備は基本的に、サイドバイサイドです。

サイドバイサイドになった方が、相手からのアタックをレシーブしやすいです。

ポジションは、シャトルを打つ相手を頂点にして二等辺三角形をイメージしてください。

二等辺三角形をイメージすると、効率よくレシーブできラケットもぶつけにくくなります。

難しく考えず、「シャトルが上がったら横になる」とまずは覚えましょう。

サイドバイサイドになるローテーション

サイドバイサイドは、どのような時になるのか紹介します。

タイミングとしては、「シャトルを上げたとき」です。

シャトルを上げると相手はアタックしてくるので、対応するためにサイドバイサイドになります。

具体的には、トップアンドバックでスマッシュなどでアタックをしていたとします。そして、相手にうまくヘアピンを打たれて上げるしか無くなった場合は、ロブを上げてサイドバイサイドになりましょう。

サイドバイサイドになるときは、先に前衛が下がってそれに合わせて後衛が動きます。

後衛が先に動いてしまうと、前衛は後ろが見えないので同じ方向に動いてしまう危険があります。

始めのうちは、前衛から動くようにしましょう。

ダブルス(守備)のローテーションの効果的な練習方法

守備のローテーションの効果的な練習方法を紹介します。

  • 2対1で練習
  • 動画撮影する

ぜひ参考にして、ダブルスのローテーションに慣れてください。

2対1での練習

2対1で、ローテーションの練習をしましょう。

ローテーションに絞って練習できるので、体に動きを覚えさせてください。

やり方としては、

  • 2人がアタックする
  • ラリーした後、1人がネット前に落とす
  • 2人の方がネット前に落とされた球を上げる
  • 2人はサイドバイサイドになる
  • 1人がアタックをする

これを繰り返して、ローテーションの練習をします。

何度も繰り返し練習して、自然と動けるようになりましょう。

ゲーム練習を動画撮影する

ゲーム練習を動画撮影して、ローテーションを確認しましょう。

試合で、ローテーション出来ているのか自分の目で確認するのが大切です。

社会人で練習していると、ゲーム練習が多いです。

その中でローテーションがうまくなるには、動画撮影してどのような動きをしているのか確認してください。

2対1などの練習ができない場合は、動画をみて「どこがいいのか」「どこが悪かったのか」をチェックして改善していくのがおすすめです。

そうしないと、何がいけないのか理解できないので上達しません。

改善するポイントがわかったら、次の練習で早速実践しましょう。練習はまた動画にとり反省してどんどんローテーションを改善していきましょう。

鉄壁のディフェンスを手に入れよう

ローテーションがスムーズにできると、レシーブも余裕を持てます

今回紹介した方法を、参考にしてぜひローテーションの練習をしてください。

慣れるまでは大変かもしれませんが、慣れたらとても楽しいです。

ぜひ二人で鉄壁のディフェンスをしましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中