ダブルスが苦手な人が見てほしい、勝つために必要な戦術

ダブルス

ダブルスが苦手で、どうすれば勝てるようになれるかわからない。

バドミントンのダブルスで、どのような戦術で試合をすればいいのか知りたいと思いませんか?

この記事では、ダブルスで勝つために必要な戦術を紹介しています。

ぜひ参考にして、試合で勝てる戦術を身につけてください。

バドミントンのダブルスで勝つために必要な戦術

ダブルスが苦手でなかなか試合で勝てない人に、ダブルスで勝つための戦術を紹介します。

3つに絞って紹介するので、ぜひ実践してみてください。

  • ペアとコミュニケーションを取る
  • ローテーションを意識しすぎない
  • 対戦相手の一人だけを狙う

こちらの3つです。

では、1つづつ詳しく解説していきます。

ペアとコミュニケーションを取る

ペアとよく話し合い、コミュニケーションを取るようにしましょう。

やりたいことがペアとバラバラだと、試合で勝てません。

例えば、ペアの人は後ろでガンガン打って攻めたいタイプだとします。

それなのに、自分はロブを上げてレシーブばかりしてしまうと上手く噛みあわず点数がなかなか取れません。

試合の流れを上手く自分たちの方へ持っていくためにも、ペアとはできるだけコミュニケーションを取ってください。

どのような話をすればいいのかというと、

  • どのようなプレイをしたいのか?
  • 前衛と後衛どっちが得意なのか?
  • 前衛にいるときは、どこを意識しているのか?
  • レシーブの苦手な場所

などを聞いてみて、試合に活かしましょう。

しっかりペアと話し合えば、自分が「どのような動きをすればいいのか?」「どこのコースに打った方がいいのか」などがわかってきます。

練習では、いろいろな人とペアを組むかもしれませんがそれでも少しでいいので、話してみてどのような組み立てをすればいいのか考えてください。

初めのうちは、ものすごく考えながら試合をしないといけないのでミスも多くなるかもしれません。

ダブルスで勝つには、必ず乗り越えなければいけないことなのでミスしても気にせず挑戦してください。

慣れてくれば、ペアの動きを見てどうすればいいのかなんとなくわかってきます。

ローテーションを意識しすぎない

ダブルスで、ローテーションを意識しすぎている人が多いです。

ローテーションは大事なのですが、まずは自分のやるべきことをやりましょう。

前衛にいたとして、後衛があげたら下がらないといけないのですが下がることばかりを意識してしまうと前に足が出なくなってしまいます。

足が出なくなってしまうと、せっかくプッシュが打てるかもしれない球も落とすだけになってしまいます。

チャンスが来たら確実に決めるためにも、まずは自分がやらないといけないことをしましょう。

前衛ならチャンスが来たらプッシュを打つ、カットできる球はカットして落とす。

後衛なら上がってきたらスマッシュを打つ、厳しいショットなら相手コートにミスせず返すなどです。

ローテーションを意識するのは、前衛・後衛の役割ができるようになってからで問題ありません。

対戦相手の一人だけを狙う

対戦相手の一人だけを狙って、アタックやレシーブをしましょう。

ダブルスなので相手は二人いるので、どちらか一人を狙い精神的にプレッシャーを与えミスを狙います。

自分たちがアタックするとして、相手のどちらかがレシーブを苦手としているのならその人を狙ってスマッシュを打ちましょう。

レシーブが得意な人に打つよりも、苦手な人に打った方が点数が取りやすいです。

ずっと片方に打っていると、ペアがカバーしようとしてくるのでその時にペアの方に打つとスペースがいつもより広くなっているので決めやすくなります。

レシーブする時も一緒で、スマッシュが遅い方や取りやすい方にレシーブを上げると守りやすくなります。

試合をした時に、どれだけ早く相手の特徴を見分けることができるかが重要です。

練習の時から、この人はレシーブが得意そうやスマッシュが早くてよく決めているなど観察していると試合の時に役立ちます。

ダブルスの苦手意識を無くそう

ダブルスはシングルスと違い、もう一人ペアがいるので動きが合わないと難しいです。

しかし、自分な苦手な部分をカバーしてもらうこともできるし相手の苦手な部分をカバーすることもあります。

二人で協力して勝った試合は、嬉しさも2倍になるのでぜひダブルスの楽しさを知ってください。