ダブルスでのカットの有効な使い方と間違った使い方(ダブルスでカットを正しく使う方法)

ダブルス

ダブルスでカットの、有効な使い方がよくわからない。

カットの有効な使い方と、間違った使い方があるなら知りたいと思っていませんか?

この記事では、ダブルスでのカットの有効な使い方と間違った使い方を紹介しています。

ぜひ参考にして、ダブルスで上手にカットを使いましょう。

ダブルスでのカットの間違った使い方

ダブルスでのカットの、間違った使い方を2つ紹介します。

実際にやってしまってないか、確認しながら読んでください。

  • カットを打ち続ける
  • 前衛が構えているのにカットを打つ

この2つが、間違った使い方です。

わかりやすいように、1つづつ詳しく解説します。

カットを打ち続ける

カットを打ち続けるのは、出来るだけやめましょう。

同じ種類のショットを打ち続けると、相手にバレてしまいます。

試合の時に、シャトルが上がってきてカットばかり打っていたとします。

はじめのうちはいいかもしれませんが、相手が慣れてきたら前に詰めてきてプッシュされてしまうかもしれません。

プッシュはされなくても、高い位置で触られてしまうので連続攻撃がしにくくなります。

高い位置で触られるとペアもレシーブしにくいので、得点を取られやすくなってしまいます。

ダブルスは、どれだけ攻められるかが大切なのでカットを打ち続けるのはやめましょう。

前衛が構えているのにカットを打つ

前衛が構えているのに、カットを打つのはやめましょう。

相手が前後になっている状態で、カットを打ってしまうと叩かれてしまいます

対戦相手のプレースタイルがどんどん前に出てくるようなタイプだと、カットを打っても叩かれる可能性が高いです。

叩かれないようにするには、相手が動いた方と逆に打つかネットギリギリのショットを打つしかありません。

ギリギリのショットを狙ってしまうと、ミスしやすくなってしまうのでおすすめしません。

ダブルスのカットの有効な使い方

ダブルスのカットの有効な使い方を、2つ紹介します。

ダブルスでカットを、どうやって使えばいいのかよくわからないと悩んでる場合は参考にしてください。

難しくないので、ぜひ試合で試してみてください。

それでは、紹介します。

  • スマッシュやクリアに混ぜて使う
  • リバースカットも打てるようになる

この2つの方法がおすすめの使い方です。

一つづつ実際に使えるように、詳しく解説していきます。

スマッシュやクリアに混ぜて使う

スマッシュやクリアに混ぜて、カットを使いましょう。

さまざまなショットの中に混ぜて使うと、より効果が期待できます。

ここで大切になるのが、全て同じフォームから打つことです。

同じにしないと、打つフォームでバレてしまい攻められてしまいます。

例えば、クリアで奥まで相手を下げてからカットを打つと動く距離が長くなり点を取りやすいです。

スマッシュの中にカットを混ぜると、スマッシュで足がとめられているので、体勢を崩せたり一発で得点を取れるかもしれません。

同じパターンで使っているとバレてしまうので、毎回違うタイミングでカットを使いましょう。

練習の時から常に、同じフォームを意識して打つようにしてください。

リバースカットも打てるようになる

普通のカットだけでなく、リバースカットも打てるようになりましょう。

さまざまな種類のショットを打てるようになると、相手の選択肢が増えるのでレシーブで迷ってくれます。

いつもは普通のカットを打っている中にリバースカットを混ぜると、軌道なども変わるので相手の反応が遅れます

リバースカットは、少し難しいショットになりますが普段から練習していれば必ず打てるようになるので頑張りましょう。

さらに、スマッシュやクリアの中に混ぜると点数を取りやすいです。

カットを使って試合の流れをつかもう

カットは、うまく使えば相手を崩せるし点数を取れる有効なショットです。

甘い球を返球させて、前衛が決められれば流れに乗れるのでぜひ狙ってほしいです。

ダブルスでカットの使い方に慣れて、試合を有利な展開で進めましょう。