ダブルスで勝つための4原則

ダブルス

前回、お話しましたとおり、シングルスは自分と相手うを見極め合う情報戦ですが、ダブルスは「相手に球を上げさせるスピード戦」です。

2対2での戦いは、一人当たりの守備範囲が狭い分、ラリーが速くなって簡単に攻撃が決まらない。したがって、シングルスのようにコートの四隅を狙っての大きな展開で相手を揺さぶることが、あまり効果的ではありません。

また、パートーナーとの息を合わせることも重要で、ワンマンプレーで試合を進めたり、パートナーのミスに苛立ち、ケンカするようでは、勝てる試合も勝てなくなります。

ここで、藤本トレーナーが考える、ダブルスで勝つための4原則を教えていただきました。

Point①:下から打たせる

まずは、「甘い球を上げさせ、決めること」がダブルスの鉄則です。

そこで、試合ではできるだけ相手にしたから打たせて、相手にロブを上げさせる攻め方を考えなくてはいけません。

この考え方を実行するためには、ラリー中にも考えなくてはいけませんが、できるだけ早い段階で攻めた方が、楽に試合を進めることができます。

ですので、「サービス」と「サービスレシーブ」から仕掛けることが、勝利への近道となります。

Point②:連続攻撃を仕掛ける

ダブルスでは、一撃のショットだけでなく、前衛と後衛が協力し、相手にスキを与えないような2人の素早い連続攻撃がポイントです。

特に「後衛が攻撃の起点となり、前衛が最後に仕留める」のがベストで、ガンガン攻めていくのではなく、緩急をつけながら相手に的を絞らせないことが重要となります。

つまりは「速いショット」ではなく、「素早いタッチ」がダブルスでは重要なのです。

Point③:相手のクセを読む

ダブルスは展開がはやいので、練習で染みついたクセがどうしても出やすくなります。つまり、このクセ(相手が得意なプレー、苦手なプレー)を早い段階で見抜くことができれば、勝利をグッと引き寄せることができます。

とくに、サービスとサービスレシーブではクセが出やすく、

「相手はサービスのとき、打つ方向をずっと見ている」

「フォアで取るサービスレシーブのプッシュはクロス側が多い」

「打つ前から先に足を踏み込んでくる」

など、小さなことでも、自分たちに有利に働くことがあるので、自分たちのことで精一杯になるのではなく、相手の特徴をつかむことも勝利のポイントとなります。

Point④:1+1のダブルスを目指す

ダブルスの良くある負けパターンは、試合での2人の「決め事」が少ないことです。少ないペアはミスを相手のせいにしたり、試合中の「お見合い」や「譲り合い」も多くなります。

なんでも構いませんので、「前衛と後衛の役割をはっきりさせる」「前衛が前を空ければ、後衛が詰めてくる」「センターの羽根はフォア側が取る」というような役割分担をはっきりさせることが重要です。

また、試合中に感じたことをしっかりと意見交換し、互いに意思疎通ができるような関係性も大事になってきます。

みなさんは、きちんと出来ていますか?

この4つ原則を意識しながら、試合をするだけでも、ダブルスの勝率はグンっと上がります。

では、具体的にはどのようにすればいいのか?

今回のリリースする新作DVDでは、この4つの具体的な方法を丁寧に解説していただきました。

特に、サービス、サービスレシーブの攻め方、利き腕別のローテーション方法は特に、実際に観て、学んでいただきたいポイントです。

好評販売中

 

新サービス開始!バドミントンレッスン動画が980円で見放題!

バドミントンレッスン動画が月額980円で見放題

先着100名様限定!500円で人気教材をGETしよう!

LINEの友だち登録をするだけで、トップ選手の戦術がたった500円で学ぶことができます。

福井剛士コーチの攻撃的ダブルス教材(DL版)を
先着100様限定で
ワンコインの
500円で手に入れるチャンス!

詳細はこちらをクリック!