ダブルスでローテーションを組む際に考えること

ダブルス

はじめに

これからダブルスで戦っていこうとする時に、どうしてもコンビネーションなどで悩んでしまう人も多いです。

特に初めてダブルスでペアを組んで試合に向けてトレーニングを行う際に、ローテーションなどで苦労してしまう人も少なくありません。

そこでダブルスでしっかりとローテーションを行ったり、パートナーとのコンビネーションで注意すべきポイントを理解しながらトレーニングを積んでいくようにしましょう。

ダブルスでしっかりとコート内を動くポイント

ダブルスではローテーションなど、コート内を縦横無尽に2人で動き回りながら戦っていくことになります。

その時にパートナーの動きや打っている時に邪魔になってしまうケースも出てきてしまいます。

これからダブルスを始めていく人にとって、最も陥りやすい危険な行動はローテーションに相手へ打ち返す以上に意識を持っていってしまう点です。

これだと無駄な動きが増えてしまって、ローテーションにも支障をきたします。

攻め方などを考えていくために、しっかりと動きを理解してリアクションステップを踏めるように考えていきましょう。

パートナーとどう動いていくか考える

ダブルスにおいてローテーションを考える時には、パートナーを意識して決めていきましょう。

もしもパートナーが体勢などを崩してきたらしっかりとカバーできるように動いて、ローテーションを組み直すことも必要です。

スマッシュを打とうとする時には前衛へ動いたり、サイドで守ろうとした時にはサイドバイサイドへローテーションを変えるなど柔軟な対応が求められます。

しかし主導権をいずれかが握っていることではなく、互いに動きを見ていきましょう。

ローテーションを行うタイミングを察知していきながら、阿吽の呼吸によって試合を有利に運んでいくことが重要です。

ダブルスにおける自分の役割がある

攻撃も守備も必要なダブルスですが、パートナーとの役割を明確にしておきましょう。

これは試合の間流動的に動き回る中で、それぞれのスキルや特性そしてプレースタイルで大きく変化します。

前衛と後衛それぞれの動き方などを把握して、いずれでも対応することができればベストといえます。

これがバドミントン初心者だと、なかなか決めることができません。

単に攻めたり守ったりというわけではなく、パートナーとの関係性による役割の決定が重要です。

立ち位置などを工夫しながらローテーションを考える

ローテーションは時折スピーディーに行われることもありますが、エースショットなどを検討する時にはコースなどを考えておきましょう。

ここで邪魔になってしまうような動き方をしてしまうと、ミスに繋がってしまうことがあります。

パートナーとのコンビネーションにも配慮しつつ、着実に勝利に近づけるようにローテーションを組んでいきましょう。

スマッシュでは速さや精度そして緩急を身につける

ローテーションを組んでいきながら、一撃で決めたいと考えた時にはエースショットを考えておく必要があります。

相手をしっかりと打ち崩していこうと考えた時には、あらかじめ速いスマッシュなどを考えたいところですが、速さよりもコースを考えておくようにしましょう。

試合を決めたい時や相手の動き方でコート内で狙えるポイントが何度も出てくると、時には後衛が何度もスマッシュを放つことがあります。

ここでも早く動いてスマッシュを打てる状況を作り、相手を打ち崩していきましょう。

取りにくいコースがあれば狙えるように動く

ダブルスではラリーが続くとフェイントを掛けるケースも有り、場合によってはローテーションが崩れてスマッシュなどを狙いたくなるでしょう。

そこで相手の守備が自然と崩れたと判断した時には、コートでパートナーが狙えると考えられるように動いておきましょう。

打てるポイントが見つかれば、緩急をつけて狙っていくことができます。

パートナーとのコンビネーションによって相手から得点を狙えるきっかけを視覚的に共有できれば、着実に勝利に近づけるようになるでしょう。

まとめ

ローテーションは非常にダブルスでは重要で、トレーニングによって確立させながら動く時の注意点を共有するようにしましょう。

それぞれ試合では打ち続ける体力を事前に身に着けながら、相手からチャンスをもぎ取れるようにコンビネーションを作り上げていくようにしましょう。

そのためにもローテーションは必要不可欠なので、スムーズに機転が利くようにパートナーを見ていきましょう。