バドミントンの審判に関する資格取得について

コラム

はじめに

バドミントンに関してある程度知識などを深めていきつつ、審判などを担当することもあります。

審判の判断によっては、時には試合に大きな影響を与えることがあります。

正しく判断していくことが常に求められるので、必ず正しい知識を持って対応しなければなりません。

バドミントンの審判に関する資格取得も考えている人も多いですが、どのような資格があるか見ていきましょう。

そして条件などを確認しながら、実際に取得したい時には注意しつつ手続きなどを進めていくようにしましょう。

審判に関する資格取得の方法を理解する

バドミントンの審判に関する資格は、様々な条件があるので注意しなければなりません。

事前に準備しなければならないことや、コストもかかるのでしっかりと把握しておきましょう。

時間も非常にかかるので、バドミントン審判の資格取得については長期間かかることを理解しておきましょう。

バドミントンの審判について資格取得までの流れ

バドミントンの審判に関する資格を取得するには、公式に設定されている検定を受験することが求められます。

基本的なスキルをチェックされるので、事前にしっかりと勉強をしていくことが重要です。

そして検定を受ける際には受験料が必要となるので、あらかじめ準備しておくようにしましょう。

詳細はバドミントン協会のホームページなどでチェックすることができるので、どのくらいの費用が必要になるかを理解しておくようにしましょう。

そして検定に合格して資格を取得したところで、更新費もかかるので注意しなければなりません。

資格を取得することによって、バドミントンにおける試合などで活用する様々なルールを理解していると認められます。

資格を取得するまでには3つのステップがある

公式の検定については、流れがあるので事前に理解しておくようにしましょう。

時間もかかるので、長丁場での戦いになると考えていいいでしょう。

最初にバドミントンの試合などに関する講義を受講してから、筆記試験を受けることになります。

ここで実力を発揮して、筆記試験をクリアしていくようにしましょう。

そして実技試験に進んでいきますが、ここでは実際にバドミントンの試合について審判を務めることになります。

その所作などをチェックされるので、正しく捌いていくことが求められます。

以上の3ステップをクリアすることによって、資格取得を目指すことができます。

詳細は各地区のバドミントン協会支部へ連絡を入れると、内容の確認や具体的な試験に関するスケジュールを理解することができます。

バドミントンの審判資格について知識を深める

全部でバドミントンの審判資格については、4ランクがあるので注意しなければなりません。

それぞれのランクで専門的な知識などの証明になっていきますが、担当した試合数によって取得できない資格もあるので確認が必要になります。

ランクが上になるほど、公式試合もよりレベルの高い内容になっていきます。

本職と言っても過言ではないものになっていくので、バドミントンの専門的な知識などを活用したい時には狙ってみるのもいいでしょう。

資格検定に関する様々なランク分けについて

バドミントンについて審判に関する資格については、1級から準3級まで4つのクラスが存在しています。

どのクラスを取得するかは、どれだけ公式にバドミントンの試合で審判を務めたかも重要になっていきます。

公式の試合についてレフェリーや主審、線審になるには、上記それぞれ資格取得しておかなければならない条件が決まっています。

基本的にバドミントンの審判に関する資格については、飛び級は存在しません。

準3級から徐々に取得していき、地道にランクアップしていくしか方法はありません。

様々な審判に関する資格のランクについては、過去の審判した経験も求められます。

また資格取得後の年数なども重要になっていくので、ランクアップしていくには常に正確なスキルを身につけておく必要があります。

資格検定については条件が存在している

初心者でも準3級は受けやすい資格になっているので、誰でもチャレンジできることでしょう。

ただそれ以上のランクとなると、条件が徐々に厳しくなっていくので注意しなければなりません。

例えば3級になると年齢が18歳以上で、あらかじめ資格検定の合格を受けている人が対象となっています。

2級以上になると経験も求められますが、例えば2級では資格を取って2年以上かつ5回以上大会に審判として出て70試合以上対応していれば対象となります。

1級も2年以上ですが、2級を取得してから5回以上大会に出て70試合以上審判を行っていれば対象になります。

まとめ

バドミントンの資格取得を目指していく中で、最初は基本的な知識を身に着けていくことになります。

審判に関する資格になってくると知識だけでなく、実際の試合についても経験していくことが求められます。

そして実力をつけていきながら、クラスアップしていくことで審判としても認められていくことでしょう。

バドミントンの資格取得については、調べながら進めていくことでスムーズに準備できます。

内容を把握してから、資格取得を目指していくようにしましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中