審判を任された時に注意すべきポイント

コラム

はじめに

バドミントンではプレーヤーだけでなく、時には審判を任されることもあります。

様々なプレーを着実に見ながら、適宜判断を下していく力が求められます。

ルールなどを事前にしっかりと理解しておきながら、自信を持って対応していくことが重要です。

プレーヤーにとっては審判の判断によって、試合が大きく変わってしまいます。

注意すべきポイントを理解しておき、審判を任された時にも自信を持てるようにしましょう。

審判初心者が試合前に気を付けること

とにかく審判はわかりやすく、スピーディーに試合で判断していくことが重要です。

これがプレーヤーとしても、好判断だと嬉しく感じるやり方になります。

試合中に悩んでしまうと、プレーヤーも困ってしまいます。

意見を仰ぐなど、瞬時に判断するスキルを培うことを意識してみましょう。

試合ではジェスチャーとコールを大きく対応する

審判をこれから初めて行おうとする時に、難しいと感じるのがジェスチャーです。

これを大きく行わないと、どうしてもプレーヤーにジェスチャーが伝わらないことがあります。

こうなるとプレーヤーも試合をやりづらい状況になってしまうので、プレー内容でも問題があったのか判断することができません。

審判で注意すべきポイントとして、よりわかりやすく行うようにしましょう。

初心者は極力大きなジェスチャーを行って、動きがわかるように意識しましょう。

ビシッと決まれば問題ないので、日々鏡の前などでトレーニングを行うと良いでしょう。

特殊な試合での審判の扱いも注意する

バドミントンでは特殊な試合もあり、それに見合った対応をしなければなりません。

例えば主審が不在でも試合がバドミントンでは行われることがありますが、これはプレーヤーが判断していくこととなります。

トレーニングだったり趣味で試合を行うこともありますが、これも審判が不在となることが多いです。

プレーヤー同士が楽しみつつ、適宜判断して試合を進めることになります

自分で初心者の時にはレットをかけるのも大変ですが、有利に試合を進めていくこともできます。

進言を着実に行いながら、必要な判断を下していきましょう。

上級者は審判の勉強をしっかりと行う

深くバドミントンを学びながら、ルールを熟知していきましょう。

トレーニングで体作りも大切ですが、どのような方法でバドミントンに向き合っていくかも重要です。

上級者になってきたら、審判が必要になることも多いです。

ルールをちゃんと熟知しておき、戦略を練っていく力も身に着けていきましょう。

バドミントン関連の仕事を長期間行いたい時にも、極力プレーヤーにわかりやすく指示していくようにしましょう。

審判を行う際に様々なルールを理解する

バドミントンでは様々なルールが有り、守られないと反則行為となります。

これを適切に対応していくことによって、試合が正しく進んでいくことになります。

審判は適宜対応していかなければなりませんが、事前にルールを理解しておかないと問題が生じます。

ポイントを押さえていきながら、実際の試合でも活用ていきましょう

反則行為にはちゃんとフォルトをコールする

バドミントンでは厳密なルールがありますが、特にサービスではルールが色々とあります。

ルールを守れない時には審判がちゃんとフォルトをコールすることによって、プレーヤーに反則を伝えていくことになります。

フォルトではジェスチャーをちゃんと行いながら、何がいけなかったかプレーヤーに示していくことになります。

例えばサーブでアバブ・ザ・ハンドという反則がありますが、腕を伸ばしてひじを曲げた時に境界線がラインとなります。

このラインより上になってしまうと、インパクト時に反則となってしまいます。

また故意に相手の動きを妨害する時には、インターフェアという反則になります。

これも正しくジェスチャーやコールすることによって、妨害したことをプレーヤーに伝えていきましょう。

コールをちゃんとしないとインプレー中となるので注意

正しく審判がコールをしなければ、バドミントンのルールでは主審が止めていないのでインプレー中となってしまいます。

相手が反則行為をしたとしても、主審が的確にコールしなければプレーヤーは勝手に判断せずにプレーを止めません。

反則行為があった時には、正しくスピーディーに伝えていくことが重要です。

試合をちゃんと止めるようにコールしながら、問題なく試合を進めていくようにしましょう。

まとめ

バドミントンにおいてはラケットを適宜活用しながら、試合がスピード感ある状況になることもあります。

それは大きな大会になっていくほど、規定通りに正しく試合を進める必要があります。

審判も状況を見極めながら、適宜対応できるようにトレーニングを行うこともあります。

ただ審判も人間なので、時には見誤ってしまうケースもあります。

そのミスを減らすようにトレーニングを積んでいき、実際の試合でも間違いを減らす努力を行いましょう。

 

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中